2013年9月1日日曜日

地域危険個所チェックと土のう作り~梅雨前の作業~

日頃から地域の危険個所をチェックし、地域住民を災害から守る活動を

地道に行っているのが、防災協会の皆様です。

6月9日(日)9時より、あらかじめ地域の皆様からお知らせいただいた

危険と思われる場所の見廻りを行いました。



この壁面がある為に見通しがかなり悪く、坂道を

自転車がスピードを出して下ることで、事故の一歩手前で

肝を冷やすことが度々とか。

他にも、積み上げた土のう袋が腐って土が崩れてきている

のがとても気になりました。



ここは途中までガードレールがあるものの、側溝が

OPENのままの部分があり、大雨で増水した際に、

もしもよろけて落ちたらと心配な箇所です。





いったん公民館に集合し、各班ごとにチェックしてきた箇所の報告を

行いました。